関西国際空港(関空)のA滑走路で24L離陸運用を展望台から見てきた!飛行機たまらん。

関西国際空港(関空)のA滑走路で24L離陸運用を展望台から見てきた!飛行機たまらん。

関西国際空港(関空)のA滑走路で24L離陸運用を展望台から見てきました。

関西国際空港(関空)は24時間運用の海の上にある飛行場。アジア圏へのフライトは昼間が多く、長距離は夜出発のフライトが多いため、色んな種類の飛行機が見るなら昼間に行くのがおすすめです。

A滑走路とか24Lとかなんのこと?という方に用語説明

A滑走路

関西国際空港(関空)には滑走路が2本あり、第一ターミナル側がA滑走路(3,500m)、第二ターミナル側がB滑走路(4,000m)です。先日の台風で水没したのはA滑走路です。

24L

24は真北から時計回りに測った角度の下1桁を切り捨てた01から36までまでの数字のことで、Lはレフトです。

 

ですので、関西国際空港(関空)の滑走路24Lは北東に向いている滑走路です。

風向きによって、離陸着陸の方向が変わり、この日は06Rの方から24Lに向けての離陸でした。

 



関西空港で見た飛行機

エアアジア(Airbus A330-343X)

エア・アジア

全日空(Boeing 737-781)

全日空

中国国際航空(Airbus A330-243)

中国国際航空

エバー航空(Boeing 777-35E/ER)

エバー航空

エア・インディア(Boeing 787-8 Dreamliner)

エア・インディア

よーく見てみると、お腹を塗装してあるもの、タイヤが機体に格納されているもの、羽の形、エンジンの形、機体によって全然違います。もちろん飛び立つときの音も違いますよ。

 

これらの写真は関西国際空港(関空)の展望台スカイビューのスカイデッキから撮影したものです。

スカイデッキは8:00~22:00が営業時間ですので夜景を楽しむことも出来ます。

関西空港展望台 スカイデッキ

緑に青の誘導灯に飛行機の動く様。

最高ですよ!

関空から海外へ行かれる方、戻られた方。少し時間を作って関西国際空港(関空)の展望台スカイビューよってみてください。

 

AIRLINE (エアライン) 2018年12月号

新品価格
¥1,296から
(2018/12/5 10:43時点)