10年に1度の日本三大船神事「ホーランエンヤ」を見てきた

10年に1度の日本三大船神事「ホーランエンヤ」を見てきた

10年に1度の日本三大船神事「ホーランエンヤ」を見てきました。松江市民としては絶対に見るべきお祭りです(と行って感じました)

僕のホーランエンヤ物語は遡ること幼少期。
鉄道ヲタクだった(今も)僕はホーランエンヤって?ともわからず出雲市駅で販売されていた「ホーランエンヤ記念きっぷ」を入手したのがホーランエンヤを知るきっかでした。(記念きっぷ集めにハマッていた時期)



そのきっぷの台紙には大橋川で船に乗って色とりどりの服を着て何かをしている姿が写っているのと12年に1度と記載されているのを見て何故かワクワクしたのを覚えています。

時は流れ今から10年前の2009年。

ホーランエンヤ!切符で見たやつだ!行こうかな?行くのやめようかな?とモジモジしている最中に終わってました・・・

ときは流れ2019年。

松江に住んでいること写真を撮るのが好きなことが合わさって見に行ってきました。
合わせて教え子が乗っている勇姿を見に

ホーランエンヤ

大橋川にかかった3本の橋と橋の間でそれぞれ唄、踊りをしながら回ります



ホーランエンヤ

写真中央に写っているのは、城山稲荷神社のご最新を載せた船。
これを中心に各地区の船がくるくる回ります。

ホーランエンヤ
ホーランエンヤ
ホーランエンヤ

それぞれの地区が色彩鮮やかな衣装を纏い、船先頭では剣櫂(けんがい)をさばき、後方では、女姿の采振りが舞、唄声に合わせた櫂さばきは圧巻です。



大橋川沿いにはビックリするくらいの観光客。場所取りをするかたはお早めに!

次の開催は10年後。
また松江に住む、島根に住む楽しみが増えました。